読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちのえきまにあ

CBR1000RRで道の駅巡りをしているまったりツーリングライダーのブログ

茨城県と千葉県と埼玉県の県境付近にある道の駅さかい

雨がふらないのなら出かけないと損。ということで、関東近郊でまだ行っていない道の駅があったので行ってきました。行ったのは道の駅さかいですが、どの県にある道の駅なのでしょうか。。。

3つの県を区切る2つの川

道の駅さかいの場所はここなのですが、近くには利根川と江戸川が流れていて、この2つの川によって茨城県、千葉県、埼玉県の3つの県が区切られています。で、道の駅さかいの所在地はというと、茨城県になります。

f:id:michimani:20170130140118j:plain

圏央道五霞ICを降りて道の駅へ向かったわけですが、ICを降りたところは茨城県、そのあと埼玉県に入ったと思ったら江戸川を渡って千葉県へ。その直後に利根川を渡って再び茨城県へ入るという、わずか十数分の間に3つの県を行ったり来たりできます。(だから何)

茨城県猿島郡境町

道の駅さかいの住所は、茨城県猿島郡境町(いばらきけん さしまぐん さかいまち)というところですが、いったいどんな地域なのか。Google先生に聞いてみると、米やキャベツ、さしま茶と呼ばれるお茶や、梅山豚(めいしゃんとん)と呼ばれる豚が農産物としては有名のようです。 …と言っても調べるまでは全く知りませんでしたが。

猿島郡の名産 さしま茶を使ったパスタ

ちょうどお昼ご飯の時間だったので、道の駅内にあるレストランで何か食べることにしたわけです。 メニューを見ていると、道の駅のレストランにありがちなざるそばやざるうどん、カレーなどが並ぶ中に手作り感あふれるポップで書かれた特別なメニューがありました。それが、さしま茶クリームパスタ です。

f:id:michimani:20170130140126j:plain

全体的に緑色でお茶っぽい雰囲気は出てます。パスタには茶葉も練りこまれているようです。

f:id:michimani:20170130140128j:plain

お茶を使ったパスタというものが一体どんな味なのか、完全に未知への挑戦でしたが、想像してたよりもお茶感が主張してなくて、基本は一般的なクリームパスタのような感じでした。一口食べたあとには口の中にほんのりお茶の香りが残る程度で、苦味は一切なかったです。

ちなみにお値段は780円ですが、サラダとグレープフルーツが付いてきました。

茨城県と言っても、横浜からなら第三京浜→環八→外環→東北道圏央道で2時間かからないくらいで行けます。 レストランのメニューには梅山豚を使った豚カツもあったので、もし近くに行く機会があれば次はそっちを食べてみたいと思います。

www.michinoeki-mania.com