読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちのえきまにあ

CBR1000RRで道の駅巡りをしているまったりツーリングライダーのブログ

東北ツーリングしてきました【景色編】

夏季休暇を利用して3泊4日で東北へツーリングに行ってきました。今回の目的は、とりあえず今まで足を踏み入れたことがない青森県山形県に行くことでした。それ以外は、良い景色と美味しい食べ物が食べられれば…という程度で(^^; ひとつにまとめると長くなりそうなので、今回は【景色編】でいきたいと思います。

東北ツーリングと言いつつ、今回出てくるのは青森県秋田県のスポットだけですので、あしからず。

青森県秋田県に跨る湖 十和田湖

まずは、青森県十和田市秋田県鹿角郡小坂町に跨る十和田湖です。場所はこの辺り。

そんな十和田湖ですが、まずは秋田県側にある発荷峠展望台から見た様子がこちら。

f:id:michimani:20170130140404j:plain

青森県側にある御鼻部山展望台から見た様子がこちら。

f:id:michimani:20170130140432j:plain

こっちからだと十和田湖の特徴的な形がわかりやすいですね。

ちなみに、この3泊4日の東北ツーリングですが、ありがたいことに雨には一切降られず最高のツーリング日和でした。

十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流

続いては、その十和田湖から流れる奥入瀬川の渓流、奥入瀬渓流です。場所はこの辺り。

奥入瀬川沿いの国道102号線は、ほとんどが木々によって太陽光が遮られているので、この季節は最高の避暑地になってます。 そんな奥入瀬渓流の見どころは、大小いくつもある滝です。

f:id:michimani:20170130140426j:plain

f:id:michimani:20170130140429j:plain

見ているだけでも涼しいですが、実際にその場に立つと滝で舞い上がった水が霧状になって飛んで来るので、かなり涼しいです。

この滝には名前が付いていて、銚子大滝というらしいです。

f:id:michimani:20170130140423j:plain

津軽富士見湖にかかる鶴の舞橋

続いては、青森県北津軽郡にある津軽富士見湖(別名 廻堰大溜池)と、そこに架かる鶴の舞橋という日本一長い木造のアーチ橋です。場所はこの辺り。

津軽"富士見"湖とありますが、ここでいう富士とは、湖の南にある岩木山のことです。

f:id:michimani:20170130140435j:plain

橋にはその名前にある鶴(のようなもの)が描かれています。

f:id:michimani:20170130140437j:plain

どうしても岩木山の方を見てしまいがちですが、湖の北側も良い景色です。

f:id:michimani:20170130140441j:plain

ちなみに、ずっと湖と書いてますが、実際には人工的に作られたため池だそうです。

険しいワインディングが続く岩木山

続いてはその岩木山の八合目(標高1,247m)からの景色です。岩木山の場所はこの辺り。

地図を見てもらえばわかるように、八合目駐車場までの岩木山スカイラインはワインディング地獄です。ワインディングというか、むしろヘアピンカーブの連続ですが、その数は69あって、各カーブの頂点に番号が書かれた看板が立っています。

そんな岩木山スカイラインを登り切ると、青森県の東側以外が見えます。

まずは北側。津軽半島の西側の沿岸が見えます。

f:id:michimani:20170130140409j:plain

西側。こちらは日本海が見えます。

f:id:michimani:20170130140411j:plain

南側。山しか見えませんが、これらは世界遺産白神山地の山々です。

f:id:michimani:20170130140414j:plain

下りももちろんワインディング地獄ですが、景色がとても綺麗なので夢中になり過ぎには注意です。

夏といえば向日葵

夏といえばやっぱり向日葵ということで、ひまわり畑の写真も一枚。

f:id:michimani:20170130140420j:plain

場所は秋田県の道の駅にしめのすぐ隣です。

秋田県日本海側の景色

これは特に何が有名とかではないんですが、秋田県日本海側の景色がとても綺麗だったので。

f:id:michimani:20170130140417j:plain

秋田県日本海沿岸、国道7号線には風力発電の風車が立てられていて、走っていてとても気持ちよかったです。

今回の最大の目的 テント泊

冒頭で、今回の目的は景色と食べ物だと書きましたが、それ以上に今回一番やりたかったことは、久々のテント泊です。 振り返ってみると、2013年7月の潮岬でのテント泊以来テント泊をしていませんでした。 2013年8月には1週間の四国ツーリング、2014年8月には1周間の東北ツーリング、それぞれテントは持って行っていたにもかかわらず、テントを使用せずに野宿で乗り切ったという。。

ということで、今回は絶対テント泊をすると意気込んで行ったわけです。その様子がこちら。

f:id:michimani:20170130140443j:plain

一言で言って、最高でしたね。 装備の未熟さゆえに炭で肉を焼いて〜なんてことは出来ませんでしたが、鍋で沸かしたお湯で食べるカップ麺はやっぱり最高でした。

実は、もうキャンプツーはしないだろうと思ってフェンダーレスにしたわけですが、フェンダーレスにしても案外しっかり固定出来て、何の不都合もなくキャンプツーリングすることが出来ました。 今回のツーリングで青森県山形県に足を踏み入れたので、まだ未踏の都道府県は北海道のみとなりました。(交通手段問わず)

北海道まで行くとなると1週間は休みが欲しいところなので、こればっかりはなんとかして休みを作るしかないですね。 チャンスは来年以降、必ずバイクで行きたいと思います。

次回は【食べ物編】です。

www.michinoeki-mania.com