みちのえきまにあ

SC59 CBR1000RRで道の駅巡りをしているまったりツーリングライダーのブログ

Youtube
Twitter
Instagram
CBR1000RR
D-TRACKER 125
About

SSでハイドレーション使うならウエストバッグタイプが良さそう

f:id:michimani:20180910220826j:plain

ヘルメットを脱ぐことなく水分補給が出来るハイドレーション。リュックサックやバックパックに入れたり、もともとリュックサックと一体となっているタイプだったり、とにかく背中に背負うイメージがありますが、調べてみるとウエストバッグタイプのモノもあったので、今回はそれを使ってみた感想です。

ボブルビーにハイドレーションを導入していたけれど...

www.michinoeki-mania.com

去年の春にハイドレーションというものを初めて導入してみたんですが、そのときはボブルビーの中にリザーバーを入れる形で導入しました。
導入してからというもの、ツーリング中に水分補給のためにわざわざ止まってヘルメットを脱ぐ必要がなくなり、ツーリング環境は快適になりました。
ハイドレーションのためだけにボブルビーを背負う なんてこともありました。

ただ、最近 CBR でのツーリング中にボブルビーを背負うことがほとんどなくなりました。
理由は、 肩が痛くなる・風の影響を受けやすい・疲れる ということです。(今更感)

なので、今年に入ってからは専らホルスターバッグのみの使用で、水分補給も、止まってヘルメットを脱いで...という原点回帰してしまっていました。

ハイドレーション自体は凄く快適。でも肩に負担をかけたくない。
なにか良いものはないか...と探していました。

ウエストバッグタイプのハイドレーション

Amazon で探してると、すぐに見つかりました。それがこちら。

メーカーは以前に購入したものと同じ キャメルバッグ です。
背中に背負うタイプではなく、ウエストバッグタイプとなっています。

f:id:michimani:20180910220822j:plain
表側

f:id:michimani:20180910220823j:plain
裏側

中に入っているリザーバーはリュックタイプとほぼ同じですが、チューブの接続部分が ウエストバッグでの使用 (横向きでの使用) を想定された形になっています。

f:id:michimani:20180910220824j:plain
左:ウエストバッグ 右:リュックタイプ

あと、チューブの先端はクリップに止められるようになっています。
クリップ部分にはマグネットが入っているので、グローブを嵌めている状態でも扱いやすくなっています。

f:id:michimani:20180910220825j:plain
丸い部分がマグネットになっている

口に含む部分もリュックタイプと同じで、先端を軽く噛むとリザーバー内の水分を飲むことができます。

リュックタイプと比べてみて良い点・悪い点

良い点

肩への負担がない

これに尽きますね。
リュックタイプだとどうしても肩へ負担がかかります。
特に SS では、前傾姿勢になることによってリュックの上部分から風が当たるようになり、その結果として肩への負担がより大きくなります。

ウエストバッグタイプではその心配がなく、腕も自由に動かせるので負担がかからず、披露もしにくくなります。

最小限の荷物で済む

自分の場合はリュックタイプを使用するときにボブルビーを使っていましたが、まあ かさ張ります。
ボブルビーはその見た目のかっこよさがあると言っても、やはり大きさは気になる所。水分補給のためだけに背負うのは、オーバースペックです。

ウエストバッグタイプでは必然的に荷物の量が少なくなるので、ツーリング時には極力身につけるものは少なくしたいというライダーには最適です。

悪い点

思ってる以上に物が入らない

良い点の2つ目と矛盾しますが、思ってる以上に物が入りません。
最小限の荷物なると、財布、スマホ、くらいかなとおもいますが、本当にこれだけしか入らないと言っても過言ではありません。
リザーバーの容量は 1.5 L ですが、ほぼ満タンの状態ではリザーバーと財布で結構パンパン。隙間にハンドタオルとウェットティッシュくらいなら忍ばせることができる程度です。

ともあれ、 日帰り・お土産は買わない・雨には遭わない という条件であれば全く問題ないでしょう。

ウエストバッグの見た目が微妙

もともとバイク (モーターサイクル) 用というわけではなく、ロードバイクやクロスバイクなどの自転車での使用を想定されたアイテムなので、バイクに乗る格好にはちょっと合わないかなという印象です。
ただ、もちろんリザーバーはバッグから取り外しが可能なので、自分の好きなタイプのウエストバッグに入れて使えば解決します。
チューブのクリップ部分も取り外しできるので、安心です。

まとめ

f:id:michimani:20180910220826j:plain ハイドレーション = 背負う というイメージが有り、もしそれが原因で導入を迷っている方がいれば、 背負わないハイドレーション の導入を検討してみてはどうでしょうか。

ハイドレーションそのもののメリットについては、最近 ぼっちバイカーさん(id:botti_bk) と 秀吉さん(id:hideyoshi-motolife) が中心になって立ち上げたインプレサイト バイクレ!! で詳しく書かれているので、ぜひ参考にしてみてください。

夏のライディングの熱中症対策にハイドレーションがオススメ。

CAMELBAK(キャメルバック) ハイドレーションバッグ リパック エルアール 自転車用 サイクリング 給水 荷室4L (荷室2.5L+1.5リザーバーパック) ブラック 18891074