みちのえきまにあ

SC59 CBR1000RRで道の駅巡りをしているまったりツーリングライダーのブログ

Youtube
Twitter
Instagram
CBR1000RR
D-TRACKER 125
About

noteのマガジン機能を使ってツーリングの様子をまとめてみる

f:id:michimani:20180426190535j:plain

さて、ついに大型連休が近付いてまいりました。
今年は9連休ということで、がっつり東北をまわろうと思っています。ただ、全日程をブログに書こうとしても無駄に長文になってしまいそう、更に新鮮さにも欠ける...。かと言ってツイッターでは後々振り返りにくい...。
ということで、せっかくなので note のマガジン機能を使ってみよう という話です。

note って?

noteは、文章、写真、イラスト、音楽、映像などの作品を投稿して、クリエイターとユーザをつなぐことができる、まったく新しいタイプのウェブサービスです。 note へようこそ!

簡単に言うと、ブログとTwitterとInstagramとYouTubeとSpotifyをひとまとめにしたようなサービスです。(僕のイメージ)

他のSNS同様に、ユーザからはそれぞれの投稿に対して スキ というアクションが起こされます。他のSNSでいう いいね とかにあたるものです。

最近では主に漫画やイラスト、文章のクリエイターの間では知らない人はいないんじゃないか、くらいのサービスです。

note の特徴

上であげたようなサービスをまとめたようなものなら、別にそれぞれでやればいいやん、となります。

しかし、note にはそれらにはない機能があります。それは、 自分の投稿に値段を付けて販売できる ということです。

この機能がクリエイターの方々にはウケているようで、最近では note から有名になる、というパターンも出てきそうな雰囲気です。

売り物になるようなクリエイティビティがあるのか?

残念ながら僕にはそんなセンスはありません。
なので、note の機能の一つである マガジン という機能を使ってみようという話です。(やっと本題へ)

マガジン機能

マガジン機能とは、文章、写真、音楽、動画 と言った note で投稿できる内容を一つにまとめる機能です。
作ったマガジンは、購読することができて、そのマガジンに新しい投稿があれば通知が来たりします。

例えば、小説やエッセイを書いているユーザは、一つのマガジンを作ってそこに定期的に投稿をする、購読しているユーザは毎回その投稿を楽しみに待っているだけ。
つまり、ここで雑誌の定期配信のようなことが出来るわけです。

前述したように、マガジンを有料で販売することも出来るので、誰でもクリエイターになれるというわけですね。(なれるとは言っていない)

何を投稿する?

そんなマガジン機能を使って何を投稿するかというと、ゴールデンウィークのツーリングの様子を投稿していこうと思っています。

これまでの経験上、長期間のツーリングはブログにすると長すぎるし、どうしても帰ってきてからの記事作成になって新鮮さもありません。

かといってTwitterやInstagramではあとから見返したいときの不便さがあります。

ということで、note のマガジン機能を使って、ツーリング中の速報やその日の簡易日記みたいなものを投稿していきます。

購読してもいいんやで?

そのマガジンがこちら。

東北ツーリング in 2018GW

もちろん無料なので、ぜひ購読してください。
なにかしらアクションをもらえるとツーリングもより楽しめそうな気がします。