読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちのえきまにあ

CBR1000RRで道の駅巡りをしているまったりツーリングライダーのブログ

滋賀県に新しくオープンした道の駅「奥永源寺 渓流の里」に行ってきました

10月10日(日)、滋賀県に新しい道の駅「奥永源寺 渓流の里」がオープンしたので、一週間遅れで行ってきました。なんでも、魅惑のソフトクリームがあるとかないとか…。

滋賀県、19個目の道の駅

永源寺 渓流の里がオープンしたことで、滋賀県の道の駅の数が19になりました。僕が道の駅巡りを始めた時は15だったので、じわじわ増えていっています。 今回オープンした奥永源寺 渓流の里は、滋賀県東近江市三重県いなべ市をつなぐR421沿いにあります。

中学校の校舎を再利用した道の駅で、数年前から「道の駅予定地」の看板が立っていましたが、この度オープンとなりました。 Oct 18 2015y1 R421は、滋賀県側はところどころ工事していますが、全体的に走りやすい川沿いの道です。

名物 魅惑のソフトクリーム

滋賀県の名産品といえば….。そうです、ふなずしです。あの独特のニオイや酸っぱさから、苦手な人が多いと思います。 この道の駅では、そのふなずしのエキスを使用したふなずしソフトクリームを食べることが出来ます。 正直、魚とソフトクリーム、ましてやふなずしとソフトクリームの組み合わせは食べる前から遠慮したくなりますが、ご当地ソフトクリームは道の駅の楽しみの一つなので、食べてみることに。

ふなずしソフトクリームが食べられるのは、駐車場側から向かって右端にあるこのお店。 Oct 18 2015y2

券売機で食券を購入し、ふなずしソフトを手に取る。。。 Oct 18 2015t1 ふなずしソフトと言っても、メインはバニラで、そこにふなずしエキスをかける形です。 写真を見てもわかるように、エキスが垂れています…。

そして肝心の味はというと…..9割バニラソフトクリームです。が、ふなずしエキスは独特の酸っぱさを再現しているので、その部分が口に入るとふなずしの雰囲気を味わうことが出来ます。 ただ、バニラの甘さとエキスの酸っぱさとがちょうどいい感じなので、めちゃくちゃ不味いということはありません。

でも次は抹茶ソフトを食べますね。ここの抹茶ソフトは抹茶の粉末もかけてもらえるので。

ちなみに、ふなずしソフトクリームのお値段は370円と、少々高めの値段設定になっています。

食後はコスモス畑めぐり

この季節、滋賀県内ではいたるところでコスモスが咲いています。 誰が育てているのかわかりませんが、どこもけっこうな広さのコスモス畑が広がっています。 Oct 18 2015y3

Oct 18 2015y4 これは蒲生郡日野町のコスモス畑です(詳細はGoogleMap)

ここは交通量が少ない県道沿いなので、コスモス畑を見に来ている人は全くいませんでした。

Oct 18 2015y7

Oct 18 2015y6

Oct 18 2015y5 これは近江八幡市大房のコスモス畑(詳細はGoogleMap)

ここは毎年多くの人が集まっている場所で、この日もたくさんの車が停まっていました。

3月は菜の花畑、7,8月はひまわり畑、10月はコスモス畑。 滋賀県では各季節、それぞれの花を楽しむことができるので、どの季節もいいですね〜