みちのえきまにあ

SC59 CBR1000RRで道の駅巡りをしているまったりツーリングライダーのブログ

Twitter
Instagram
Youtube
Qiita
Github
About

三種類の海鮮丼を一度に楽しむために再び伊豆へ行ってきた話

先日、伊豆へ大盛りの海鮮丼を食べに行った話を書きました。今回は大盛りではなく、3種類の海鮮丼を一度に楽しむことができるメニューがあるということで、またまた伊豆高原ビール本店へ行ってきました。


www.michinoeki-mania.com

 

お店の場所は前回と同じ、伊豆高原ビール本店

今回は出発するのが遅かった影響で(?)、前回よりもかなり交通量が多く、たどり着くまでにだいぶ疲れました。 途中の道の駅伊東マリンタウンの中にも伊豆高原ビールのお店があるので、もうそこで妥協しようかと思ったのですが、どうやら店舗によって扱っているメニューが違うようでした。 今回の目的である「漁師の三色丼」は本店にしかないようだったので、マリンタウンからもう少し頑張って本店へ。

伊豆高原ビールと漁師めし

到着したのは14時過ぎだったので、待ち時間はありませんでした。

そして、予定通り「漁師の三色丼」を注文しました。

「漁師の三色丼」とはその名の通り三種類のミニ丼

特に前置きはないので、早速その「漁師の三色丼」を見ていただきましょう。

f:id:michimani:20170130140648j:plain

どうですか!この圧倒的な海鮮感!(当たり前です)

それではひとつひとつ見ていきましょう。

漬け丼

1つ目は、漬け丼。

f:id:michimani:20170130140659j:plain

こちらは、前回食べた 漁師の漬け丼 のミニ丼バージョンです。 各丼の大きさですが、前回食べた丼の1/3より少し多いかなという印象でした。

このミニ漬け丼に関して言うと、たしかに白ご飯の量はミニですが、上に乗っている鮪、アジ、イクラ、イカ、サーモンの量は全然ミニじゃないです。お得感あります。

まかない丼

2つ目は、まかない丼。

f:id:michimani:20170130140651j:plain

こちらは、漁師の漬け丼 と同様の具材に、ネギとウズラ卵がのっているバージョンです。

駿河

3つ目は、駿河丼。

f:id:michimani:20170130140655j:plain

駿河湾でとれたシラスと桜エビがのっています。

食べた感想

運ばれてきたときは、想像してたよりもミニサイズだったのでちょっと期待はずれだったというのが正直なところでした。

ただ、食べ終わったときには満足感・満腹感がすごかったです。

一番最初の一口を食べたのは駿河丼だったのですが、温かいご飯とシラスというベタな組み合わせがこんなに美味しいのかと、自然とニヤついてしまいました。

まかない丼に関しては、具材こそ漁師の漬け丼と同じですが、ウズラの卵を混ぜることでとろみが出て、漁師の漬け丼とはまた違った美味しさがありました。

漬け丼に関しては完全に漁師の漬け丼のミニバージョンでしたが、この美味しさは前回と同じで、白ご飯と一緒にどんどん口に運びたくなるような美味しさでした。

まあ、総じて大満足なメニューだったということです。

気になるお値段は、前回の漁師の漬け丼と同じく、1,980円(税抜)ということで、税込み2,138円です。

この3色丼は伊豆高原ビール本店でしか提供されていないようなので、食べてみたいというかたはぜひ本店まで足を運んでください。 休日の非常に多い交通量をクリアして食べる海鮮丼は最高です。

ただし、こちらのランチメニューは15時までとなっているので、それまでに到着できるように注意しましょう。