みちのえきまにあ

CBR1000RRで道の駅巡りをしているまったりツーリングライダーのブログ

Twitter
Instagram
Youtube
About

SonyのコンデジRX100が故障したのでソニーのサポートに修理を依頼しました

はいどうも、よっしーです。
約2年半使用してきたSonyのコンパクトデジカメRX100ですが、先日、レンズが出たまま戻らなくなってしまい、電源を入れ直してもエラー画面が出続ける状態になってしまいました。色々やってみましたが自分ではどうしようもなさそうだったので、ソニーのサポートに修理を依頼しました。そのときの話です。

発生した症状

いつも通りカメラの電源を入れたところ、レンズ部分が完全に伸び切らず、中途半端な位置で止まってしまいました。

f:id:michimani:20170917103443j:plain

画面には 「電源を入れなおしてください」 と表示されます。

指示通り一旦電源を落としてみても、レンズ部分は中途半端な場所で止まったまま。再度電源を入れても画面には同じエラー文言が表示されています。

故障かな?と思ったら

電化製品の取扱説明書にかならずあると言ってもいい項目「故障かな?と思ったら」。
できることなら修理に出さずに自分で直せないものかと調べてみると、同じ症状が出ている人が何人かいました。とりあえずその人達が試したことをやってみることに。

ひたすら電源ON/OFFを繰り返す

エラー文言の通り、ひたすら電源を入れ直すという方法です。
20回くらいON/OFFすれば直りました! という声もあったため、律儀に電源ON/OFFを繰り返してみます。
そして、10回目くらいで「これ、意味ないわ」という結論に至りこの方法での復活は諦めました。

レンズ収納部分のホコリを取り除く

続いてはレンズ収納部分の隙間にあるホコリを取り除くという方法です。
ここに異物が挟まっているが故にレンズ収納のセンサーが誤作動を起こしていた(?) という声もあり、実際に掃除をすると直ったというパターンもありました。

隙間を見てみると、たしかにホコリが溜まっている様子だったので、ブロワーで吹き飛ばします。
そして再度電源を入れたところ、レンズは相変わらず中途半端な位置で止まり、画面には「電源を入れ直してください」の表示。
残念ながらこの方法でも復活しませんでした。


手元でできそうなことはこれくらいだったので、潔くソニーのサポートに修理を依頼することにしました。

修理の依頼方法

電話またはインターネットからの依頼が可能で、今回はインターネットから依頼しました。

www.sony.jp

こちらのフォームから 該当する症状機種 を選択すると、その場で概算見積料金が表示されます。

今回の場合、該当する症状は 「電源を入れなおしてください」と表示される、機種は RX100 と選択すると、概算見積料金として 16,200円+税 と表示されました。

f:id:michimani:20170927102146p:plain

新しいカメラを買うことを考えれば安いのかもしれませんが、まあまあ良いお値段です。
とは言えRX100はとても良いカメラで、ツーリング先でもメインのカメラとして活躍しているため、ここは迷わず修理依頼をしました。

症状と機種を選択したら、次の画面では名前、住所、連絡先を入力。
更に次の画面では集荷希望日時を選択して、修理依頼完了です。

集荷から修理完了、受け取りまで

修理依頼フォームで希望した日時に日通のおじさんが集荷に来てくれるので、デジカメ本体を渡します。
この際、SDカード等の記録媒体は抜いておきましょう。
こちら側での梱包は不要で、渡すときも生の状態で渡します。

その後は修理受付番号を元にネット上で修理状況(配送状況)が確認できるので、修理が終わるまで待ちます。

今回、集荷から修理完了、受け取りまでにかかった時間は以下のとおりです。

9/17(日) 午前 集荷
9/18(月 祝)
9/21(木) 午後 修理完了通知
9/22(金) 午後 受け取り

間に祝日が入っていたものの、1週間かからずに戻ってきました。
ちなみにですが、修理完了通知は依頼フォームで入力した携帯電話にSMSで届きました。それ以外の受領通知は登録したメールアドレス宛でしたが....これだけは謎です。

修理代金については配送時に代引きとして支払います。
金額は当初の見積もりどおり、16,200+税 の 17,496円 でした。

フィルタアダプターは装着されたままだった!

無事に戻ってきたRX100ですが、普通に電源が入ること以上に嬉しかったのが、フィルタアダプターが装着されたままだったことです。 RX100のレンズには フィルタアダプター(別売) というものを装着することができ、これを装着することで49mmの各種フィルターを付けられるようになります。
レンズ部分の修理とういことで取り外されてしまうのかなと諦めていたのですが、装着されたままの状態で戻ってきました。

ただ、よくよく考えるとレンズ部分をまるごと交換したらこんな金額では済まないなとは思いました。

ナニハトモアレ修理前の状態に戻ったので一安心です。

ちなみに戻ってきた時の状態はこんな感じです。

f:id:michimani:20170923181658j:plain

f:id:michimani:20170923181632j:plain

f:id:michimani:20170923181803j:plain

修理/交換した部品も添付してくれているあたり、ソニーさんの優しさでしょうか。正直いらないですが。。

思っていたより対応も早かったので、ソニーのデジカメ修理を考えている方はソニーのサポートに修理依頼してみてはいかがでしょうか。

www.michinoeki-mania.com

www.michinoeki-mania.com