みちのえきまにあ

CBR1000RRで道の駅巡りをしているまったりツーリングライダーのブログ

Twitter
Instagram
Youtube
About

とん汁ラーメンを求めて新潟県妙高市まで行ってきました

はいどうも、ご無沙汰しております。
前回の記事から気付いたら半月以上経っていて、なんとこれが6月最初の記事となります。
タイトルの通り、とん汁ラーメン なるものを求めて新潟県まで行ってきたので、そのお話です。

とん汁の店たちばな

今回行ってきたのは、新潟県妙高市にある とん汁の店たちばな です。

その名前の通りとん汁専門店としてかなりの高評価を得ているお店で、お店のホームページもただの食事処のホームページとは思えないくらい今風というか、力の入ったページです。

tontachi.com

メニューとしては、とん汁と白ご飯とお漬物というシンプルな とん汁定食 がメイン。
とん汁に関しては専用の容器でお持ち帰りもできるという、まさにとん汁専門店といったところです。

そんなメインのとん汁定食と並ぶくらい人気なのが、今回の目的である とん汁ラーメン です。

そもそもこのお店の存在を知ったのは、たまたまこちらの記事を見つけたからです。

r.gnavi.co.jp

とん汁 + ラーメン。ありそうで無かったこのコラボが気になって、気づいたら新潟県まで食べに行っていました。

お昼時でも待たずに入れそうな回転率の高さ

f:id:michimani:20170618190544j:plain

到着したのは13時頃で、まだお昼の混雑が続いているかなと思いましたが、特に並んだりすることなくすぐに入れました。
地元のお客さんが多く、この日も近くで働いているであろうスーツを着た人が来ていたので、もしかするとお昼時は結構混むかもしれません。ただし、店内は座席数も多く、注文から料理が届くまでの時間も短いので、お客さんの回転もけっこう早いです。

なので、お昼時でもそんなに待ち時間を気にしたりする必要はなさそうです。

駐車場は車20台くらいは止められるくらいのスペースがあるので、そちらも心配なさそうです。
ちなみに最寄りの駅としては、えちごトキメキ鉄道・妙高はねうまラインの北新井駅もしくは新井駅となります。

目的のとん汁ラーメン…

注文したのは とん汁ラーメン ご飯セット(ご飯大盛り) です。 f:id:michimani:20170618190542j:plain

一緒にお漬物と切り干し大根が付いてきます。

メインのとん汁ラーメン。 f:id:michimani:20170618190543j:plain

とん汁の具材としては、豚肉、ネギ、タマネギのみというシンプルな内容。
そこに中太麺が入っているという、ラーメンとしても非常にシンプルです。

まず見た目ですが、スープ(汁)の色が濃いなと思いました。
とん汁には地域差、家庭差があると思いますが、僕の実家では味噌の風味はほぼ無く、スープ(汁)ももっと透き通っていたので、少し印象が違いました。

で、そのとん汁のスープを一口飲んでみると、非常に味噌の味が濃くて、どちらかと言えば味噌汁に近いような味でした。
この時点で何か似たような味を何処かで経験したことがあると、うっすら感じていました。

そしてラーメンを食べるかのように麺をすすってみると…間違いありません。

これは 味噌ラーメン です。

スープを飲んだ時点で薄々気づいてはいましたが、これはもう完全に味噌ラーメンですね。
ただ、普通の味噌ラーメンと違ってスープは少し甘めで、おそらくこれは具材として入っているタマネギの甘味だと思います。

ただ、とん汁としてはかなり美味しく、さすがとん汁専門店というだけあるなと感じました。(上から目線ですいません)
お漬物と切り干し大根もとても美味しかったので、想像以上の大盛りで届いたご飯もさらっと食べることが出来ました。

とん汁ラーメン、話題性としては非常に面白いメニューで、味もまあ普通に美味しかったです。
が、もし次行くことがあれば純粋にとん汁の美味しさを楽しみたいなと思いました(^^;

もしこのあたりに行く機会があれば、ぜひ立ち寄ってみてください。

この日は長野と富山と新潟の道の駅めぐりもしたのですが、そっちの内容のほうがボリュームが大きくなりそうなので別記事にしたいと思います。