読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちのえきまにあ

CBR1000RRで道の駅巡りをしているまったりツーリングライダーのブログ

DAINESEのスニーカーっぽいライディングシューズを買った話

はい、どうも。
2017年のバイクの楽しみ方についてダラダラと書いた中に、 近くのカフェとか公園とかに行ってゆったりしたい という内容がありましたが、そんな楽しみ方をするためのカジュアルアイテムをゲットしたので、今回はそのアイテムの紹介です。

おしゃれは足元から と言いますが…

おしゃれは足元から という言葉があるように、足元って結構見た目では気になるポイントです。
バイクに乗る時、安全面を考えるとシッカリとしたブーツを履くのがベストではありますが、ガチガチのレーシングブーツでショッピングモールなどのカジュアルな場所へ行くのはちょっと目立ってしまいますし、そもそも歩きにくいです。
かと言ってサンダルやスニーカーでバイクに乗るとなると、安全面に問題があります。

2017年のバイクの楽しみ方についてだらだらと書いた記事内では、ツーリングだけではなく、近くにふらっと行ってまったりするという楽しみ方をしたいと書きましたが、そういった楽しみ方をするためには、できるだけカジュアルな、しかしながら安全面でも安心できるようなスタイルでバイクに乗りたいわけです。

そう考えた結果、まずは足元からカジュアルにしていこう、となりました。

www.michinoeki-mania.com

これまで履いていたブーツ

これまでバイクに乗るときは、いわゆるレーシングブーツを履いていました。
去年の12月までは、TCXのS-Speedというブーツを、今年に入ってからはDAINESEのTR-COURSE OUTというブーツを履いています。

それぞれ履いた感想としては、 足元の安心感が凄い という点に尽きます。
足首がしっかりと固定され、スネ部分も守られているため、かなり安心感があります。
ただ、足首が固定されているとは言え履き慣れてくると革も柔らかくなり、履いたまま歩くのもそんなに苦痛ではなくなってきます。

また、ズボンの裾から風が入ってくることもないので、冬はそれだけで暖かく感じます。
逆に夏はかなり蒸れますが。

そんな、特に大きな不満もないレーシングブーツですが、やはりカジュアルな場所では目立ってしまいます。

そこで見つけたのが、DAINESEのライディングシューズでした。

DAINESEのスニーカーっぽいライディングシューズ

今回買ったのは、DAINESEの STREET BIKER D-WP SHOES というライディングシューズです。

スニーカーっぽいライディングシューズということですが、実際に見てもらいましょう。 f:id:michimani:20170314232427j:plain

どうでしょう。
パット見は完全にハイカットのスニーカーです。

随所にバイクに乗ることを考えられた要素があります。

まずは、つま先部分。
f:id:michimani:20170314232425j:plain MT車では足でギアチェンジを行うわけですが、その際シフトペダルが当たるつま先部分は硬い素材で補強されています。
(写真なは右足ですが、両足とも補強されています)

続いて足首部分。 f:id:michimani:20170314232426j:plain 足首部分には硬めのアンクルガードが埋め込まれており、普通のハイカットスニーカーよりも足首を守られている感が強く、安心感があります。

続いてかかと部分。 f:id:michimani:20170314232429j:plain かかと部分にはポリウレタン製のヒールダードが付いており、こちらも安心感があります。
また、この部分はリフレクターも兼ねているので、暗闇での視認性にも一役買っています。

最後に、防水性。
ここまでの写真で見る限り、いかにも水を吸いやすそうな材質に見えますが、 D-DRY と呼ばれるDAINESEの防水設計を採用しており、水にも強い仕様になっています。

個人的にはこの黄色いデビルマークがかなり気に入ってます。 f:id:michimani:20170314232428j:plain

実際に履いてバイクに乗ってみましたが、さすがにレーシングブーツと比べると安心感・防風性ともに劣りますが、足首やかかとの守られてる感や、ギアチェンジのしやすさなどはとても満足しています。

また、バイクを降りればほぼ普通のスニーカーなわけで、長時間歩いていても足が痛くなることもありませんし、 カジュアルにバイクに乗る という目的はしっかり果たせています。

だんだんとイタリアに染まっていく

実は、今年に入ってから履いているレーシングブーツといい、今回のライディングシューズといい、DAINESEの商品に惹かれるようになったは、やはりそのデザインです。

最初はAGVのヘルメットのデザインに惹かれ、昨年AGVのK-3 SVというヘルメットを買って以来、DAINESEの商品が更に好きになりました。
ただ、そんなにポンポンと買えるようなお値段ではないという点がネックです。。。

今年は上半身にもDAINESE要素を入れたいと思っているので、そのために頑張ります。